キャッシングについて考える!

 >   >  キャッシングが持つ住宅ローン審査への大きな影響とは

キャッシングの住宅ローン審査への影響

キャッシングを行うと住宅ローン審査に大きな影響があるということを
知っている人は少なくないでしょう。
これはもはや常識といっても過言ではないもので、
主にこの場合欠かせないのが、キャッシングについてのきちんとした利用実績です。

住宅ローン審査にキャッシング利用履歴が関係する可能性

住宅ローン審査を行う際に行われる審査の形はさまざまなものがありますが、
多くは機械審査の後、住宅ローンを貸し出す銀行などが行う人間審査があります。
このとき、キャッシングの利用履歴がある・キャッシングの返済中であるというのは、
住宅ローン審査を行う人の心象をとても悪くするものなのです。
基本的に借り入れや返済についての履歴は5年間残るといわれています。
ですので、5年以上前に返済を終わらせているのであれば
影響が少ないと見られますが、5年以内の借入であれば注意する必要がありますし、
キャッシングの返済中ということであればなおのこと心象を悪くしがちなのです。

ですので、住宅ローン審査を行う際に欠かせないのが、
キャッシングの支払いを完了させてしまっておこうということです。
これは、キャッシングの履歴が残ってしまうのはもうしょうがないことですから、
せめてきちんとした返済能力があることをきちんと証明しておき、
完済させておこうというものです。

申し込みが影響することも少なくありません。
キャッシングの申請履歴があるというだけで問題になることもあります。
これから住宅ローンで高額の負担があるだけではなく、
キャッシングによる高い利率(手数料)による負担を負うことにより、
支払いが出来なくなる可能性が増えているということもあるのです。
それを危惧してあまり高額な借り入れである住宅ローンを貸し出すことに
危機感を感じる銀行は少なくありませんので、利率が高めに設定されてしまったり、
借入額が低くなってしまうこともあります。
この場合自分の貯金などが足りず住宅ローン目当てにしている場合は
特に困ったことになるケースが少なくありません。
ちなみに申し込みを行ったという履歴は6ヶ月間残ります。

まだマンションや一戸建ての購入経験がなくこれから検討する方は控えておいたほうが良い としか言えませんが、既に不動産をもっている方は有益情報としてマンション査定のコツ!にある様に 査定価格で高値をつければ住宅ローンの総額も抑える事が出来金利も金利も低くできるでしょう。根本はキャッシングしたらどうなるか。 という点に話しておりましたが資産があれば不動産担保などもやりやすくなると思うので、 今あるものを売り初期投資を抑えるというのを数字で理解するのはありです。

自動車ローンについても影響がある場合が

住宅ローンほどの高額の融資ではありませんが、
同じ目的別ローンに分類される、自動車ローンについても
影響がある場合があります。

自動車ローン、特に新車購入の際には数百万円という
融資となる場合もありますから、
キャッシングの利用状況によっては、審査が通らないというケースも
十分に考えられますし、そういった例もよく聞かれます。

ただし、キャッシングを利用していれば、すべての場合において
影響があるというわけではなく、こればかりは自動車ローンの利用先や、
自動車の価格、これまでの利用履歴によって、対応はさまざまです。

もしも、キャッシングを利用中に自動車購入のための
ローンを利用するという場合には、
こういったケースも考えられるということだけ頭に入れておきましょう。

ご自身の信用情報を確認するには

例えば、以前にキャッシングを利用した覚えはあっても、
いつ完済したのか正確な年月を忘れてしまった場合や、
数回だけ返済日に遅れてしまったことがあったけど、
その履歴はどう記録されているのかなど、ご自身の信用情報を確認しておきたい場合もあるかと思います。
そういった場合のために信用情報機関では情報開示できる仕組みが整っています。

CIC – 情報開示とは(自分の信用情報を確認)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

JICC – 情報開示手続き等のご案内
http://www.jicc.co.jp/kaiji/index.html

どちらの信用情報機関に登録している業者から借り入れていたのかについては、
それぞれ事前に確認しておく必要がありますが、
どちらの信用情報機関においても、本人確認書類を提示し
料金1,000円程度を支払うことであなたの信用情報を開示し、
確認することができます。

Copyright キャッシングについて考える!. ALLRIGHTS RESERVED.